『ボードゲームカタログ』で、好みのゲームを見つけよう!

08152021-info
ボードゲーム

こんにちは。この記事では、1冊の本を紹介したいと思います。

すごろくや編『ボードゲームカタログ 202』(スモール出版、2018年)

「カタログ」という書名のとおり、まるでカタログを眺めるようにボードゲームを物色できる楽しい本です。

ネット上に溢れるボードゲーム情報だけを頼りに、漠然と「なんか面白いのないかな~」と自分にしっくりくるゲームを探すのは、意外と骨が折れるものです。

ボードゲームを売っている実店舗に行けば、お店の方に相談したり、ポップを参考にしたりできますが、自力で探すとなると

  • 探しているゲームのタイトルがわかっている
  • 自分の好みの分野・挑戦したい分野などを把握している

といった状況でないと、難しいかもしれません。

ボードゲームは、それなりのお値段なので「買うからには外したくない」というのが正直なところです。そこで、たどり着いたのがこの本でした。

ボードゲームの面白さに開眼した頃、この本で気になるゲームをチェックし更に詳しい情報を漁ってみたり、店舗で購入したりしたものです。

この本は、

  • 見開き2~6程度のゲーム紹介記事があり、眺めているだけで楽しい
  • 比較的ベーシックなゲームが紹介されており、当たり外れが大きくない(と思う)
  • 「ボードゲームのマナー」「ボードゲーム用語」等のお役立ちコラムが掲載されている

といった点が特徴です。

これらの特徴、そして本だからこそ、気ままにペラペラとページをめくるうちに、ふと自分が気に入りそうなゲームや、何故か惹かれるゲームに出会えたりします。

(書店やレンタルビデオショップで、棚をなんとなく眺めていたら「おっ!?」と手をのばしたくなる物に出会ったことはありませんか? そんなイメージです)

ボードゲームにも慣れ、自分の好みを何となく把握できるようになると主にブログやSNSで情報を入手することが多くなりましたが、今回の記事を書くにあたりこの本を読み返してみたら、興味をひかれる未プレイの作品がたくさん見つかりました。

ボードゲーム沼にはまりつつある方に特にお薦めしますが、既にはまっている方にもお薦めできる1冊です。

wazn_fun

85 views

管理人より投稿者紹介。 管理人はこれまで数多くのゲームを紹介頂きましたが、毎回ハズレ無し。ゲームにおいて管理人が最も信頼する投稿者。説明もうまく、初めてのゲ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ABOUT

”わくわく”や”驚き”等、『心の栄養』を与えられる、『楽しい』でつながるWebメディアを目指します。
ABOUT

最新記事