【ルール説明】ハゲタカのえじき

ハゲタカのえじき
ボードゲーム

概要

1枚ずつ持っている「1〜15」のカードを使い、『ハゲタカカード(得点カード)』を取ったり、押し付けたりするゲーム。

詳細

ジャンル競り
人数2~6人(※1)
時間約15分
メーカーメビウスゲームズ
デザイナーAlex Randolph
ドイツ

※1 ドイツ版だと5人まで

勝利条件

ハゲタカカードの合計ポイントが大きいプレイヤーの勝利

終了条件

全てのハゲタカカードが山札から無くなった時

カードの特徴

ハゲタカカードと点数カード
ハゲタカカードと点数カード

ハゲタカカード(得点カード)

ハゲタカカード
ハゲタカカード

裏面: 同一の図柄
表面:「-5〜10」の得点が記載(※0はない)

数字カード

数字カード
数字カード

裏面: 同一の色の物が15枚
表面: 「1〜15」の数字

色は全部で6色、6人まで対応可能。人数によっては使わないカードもある。

※ドイツ版は5色の為、5人まで対応。

準備

  1. 全てのハゲタカカードをシャッフルし裏向きの状態でプレイヤー全員が取りやすい場所に置く(以降、山札と呼称)。
  2. 同色の数字カード「1〜15」の15枚をプレイヤー各自に配る(以降、手札と呼称)。

ゲームの流れ

  1. 適当な人が山札の一番上のカードをめくり、表にして山札の横に置く
  2. 「1」でめくられたカードをめぐり、プレイヤー全員が他のプレイヤーに数字が見えないように手札から1枚カードを伏せて自分の前に置く。
  3. 全員が一斉にオープンしハゲタカカードを取る人を決定(詳細は後述)
  4. 「3」で獲得者が決まったら、そのプレイヤーの前にハゲタカカードを置いて、「2」で出したカードは各プレイヤーの前に裏返して置く。
    ※このカードは再使用不可能。
  5. 1〜4を山札と手札がなくなるまで繰り返す。
  6. 獲得した得点の合計が一番多い人の勝利

ハゲタカカードを取る人

ハゲタカカードがプラスの場合

一番大きな数字カードを出した人がハゲタカカードを取る

ハゲタカカードがマイナスの場合

一番小さな数字カードを出した人がハゲタカカードを取る

もしも取る人の数字カードが2枚以上出された時は(被ったときは)

それらのカードは打ち消し合い、次に数字の大きい(or小さい)ものを出した人がハゲタカカードを取る。

1人に決まらなかったら

数字がかぶる度に順次、次に大きい(or小さい)数字で比べていき1人にならない時(誰もハゲタカカードを取れない時)は、そのハゲタカカードはそのまま残し、次にめくられたハゲタカカードと一緒に奪い合い。

この時の判定はハゲタカカードの合計。

カードの合計がプラス → 一番大きな数字の人が取る
カードの合計がマイナス → 一番小さな数字の人が取る

なお、一度出した手札カードは再利用不可なので、確実に15回出した時点でゲームは終了。

もし最後のハゲタカカードを誰も取れなかったら?

そのハゲタカカードは誰のものにもならない。

Let’s enjoy play!

管理人

428 views

Funでは”楽しいでつながる”をテーマに、”ほっと一息つけるお店”、日常にちょっと”わくわくするスパイス的なゲーム”、”生き甲斐”になる趣味のヒントなどをご...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ABOUT

”わくわく”や”驚き”等、『心の栄養』を与えられる、『楽しい』でつながるWebメディアを目指します。
ABOUT

最新記事