MAMPにWordPressをインストールして開発環境を整える方法

thumbnail
WEB / プログラミング / IT系

こんにちは! あますた(@amaguristar)です。

「WordPressの環境をローカルで整えよう」と思ってもやり方が分からないって方もいますよね?

今回はそんな方のためにWordPressをMAMPにインストールする方法を説明。

目次[ open / close ]
  1. WordPressをダウンロード
  2. データベースの設定
  3. WordPressのインストール
  4. まとめ

WordPressをダウンロード

まずはWordPressの公式サイトから最新のWrodPressをダウンロード。

WordPressの公式ダウンロードサイト↓↓↓
>> https://ja.wordpress.org/download/

上記リンクからWordPressのサイトへ移動。

ファイルをダウンロード
ファイルをダウンロード

公式サイトが表示されるので、スクロールするとダウンロードボタンが出現。ボタンをクリックしてダウンロード開始。

注意!
WordPressの後の数字はバージョン。時期により数字が違う可能性があります。最新のものをダウンロードしましょう

ダウンロードしたzipファイル
ダウンロードしたzipファイル

「zip」ファイルがPCにあればダウンロード完了。

データベースの設定

インストールする前にまずはデータベースの設定。

MAMPがインストールされていればMySQLを利用可能なので今回はphpMyAdminを利用してデータベースを作成。

MAMPのインストールについては↓↓↓
>> https://fun.wazn.jp/info/1016/

主にやることは下記の3つ。

  1. MAMP起動
  2. phpMyAdminへアクセス
  3. データベース作成

まずはMAMPを起動して下記画面を表示。

MAMPを起動してスタート画面を表示
MAMPを起動してスタート画面を表示

起動方法が分からない時は↓↓↓
>> https://fun.wazn.jp/info/1016/#ind3-1

下にスクロールして「MySQL」→「phpMyAdmin」と移動
下にスクロールして「MySQL」→「phpMyAdmin」と移動

スクロールするとMySQLというリストがあるのでクリックして展開し、「phpMyAdmin」へ移動。

データベースタグでwordpress用のデータベースを作成
データベースタグでwordpress用のデータベースを作成

MyAdminが起動したら「データベースタグ」でWordPressで利用するデータベースを作成。今回は分かりやすいように「wordpress」とします(好きな名前でOK)。

これでデータベースの準備は完了。

WordPressのインストール

wordpressを解凍してサーバーへ
wordpressを解凍してサーバーへ

データベースの準備が完了したら、あとは最初の「WordPressをダウンロード」でダウンロードしたzipファイルを解凍してサーバーに置くだけ。

POINT!
デフォルトでは解凍したデータは「wordpress」というフォルダに入ってますがフォルダ名は自由に変更可能。この時のフォルダ名がアドレスの一部になります。

ファイルを置く場所の詳細は下記を参照↓↓↓
>> https://fun.wazn.jp/info/1016/#ind3-2

「My Websiet」→「wordpress」
「My Websiet」→「wordpress」

ファイルを置いたら、UPしたローカルページを開いてWordPressの初期設定に従い情報を入力。

POINT!
「Index of」で表示されるのがUPしたもの(フォルダorファイル)

WordPressの初期設定(データベース設定)
WordPressの初期設定(データベース設定)

入力する項目は

  • データベース名
  • ユーザー名
  • パスワード
  • データベースのホスト名
  • テーブル接頭辞

データベース名は、先程作成したものを入力(今回は「wordpress」)。

テーブル接頭辞は1つのデータベースしか利用できない場合、「これはWordPressのデータですよ〜」と判別しやすくする為のもの。初期設定では「wp_」となってますが特にこだわりがない場合はそのままで問題ありません。

その他の項目に関してはデータベースの情報を入力するだけ、MAMPの場合、スタート画面の「MySQL」で確認可能。

MAMPのスタート画面「MySQL」タグ
MAMPのスタート画面「MySQL」タグ

入力を終えたらサクサク進み「インストールを実行」をクリック。

WordPressの初期設定
WordPressの初期設定

インストールが完了すると、「WrodPressの初期設定」に進みます。入力する項目は下記5項目。

  • サイトのタイトル
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス
  • 検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする

この時に入力する「ユーザー名」と「パスワード」は、「WordPress」の管理画面に入る時に必要です。

「メールアドレス」は万が一パスワードが分からなくなった際に使います。

最後の「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」は、なんらかの理由でサイトを検索させない用にする時にチェックを付けます(ローカルの場合は正直関係ありません)。基本的にチェックはしなくて良いです。

入力が終わったら左下の「WordPressをインストール」をクリック。

WordPressのインストール完了画面
WordPressのインストール完了画面

正常にインストールされたら上記画面が表示されます。

まとめ

MAMPを使ってWordPressをインストールする方保は下記流れ。

  1. 公式サイトからWordPressをダウンロード
  2. MAMPが起動してるのを確認して、phpMyAdminでデータベースを作成
  3. ローカルフォルダにダウンロードしたファイルを解凍して保存
  4. ブラウザでアクセスしてWordPressの初期設定

設定がうまくいけば、下記サイトが表示されます。

WordPressの初期画面
WordPressの初期画面

表示の仕方は、MAMPのスタート画面の「My Website」から移動するか、初期設定の場合はブラウザに

http://localhost:8888/wordpress/

注意!
wordpressの部分は自分で入れたフォルダ名

注意!
初期表示画面は、インストールしたWordPressのバージョンにより変わります。必ずしも上記画面とは限りません

WordPressにログインする方法はブラウザに

http://localhost:8888/wordpress/wp-admin/

と、サイトのアドレスに「wp-admin」を付けてアクセスするとログイン画面が表示されます。

WordPressのログイン画面→管理画面
WordPressのログイン画面→管理画面

設定したユーザー名とパスワードを入力して管理画面にログイン。あとはカタカタ更新するのみ。

実際に触ってどんなことができるのか色々と試して下さい。

あますた

935 views

電気工学科卒の元プログラマの現飲食店オーナー。間に不動産管理、営業等も経験。ここでは、自分の経験とお客様に聞いた話を基に、役立つ情報を発信していこうと思いま...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ABOUT

”わくわく”や”驚き”等、『心の栄養』を与えられる、『楽しい』でつながるWebメディアを目指します。
ABOUT

最新記事