ドメイン取得で何が出来るの?そんなあなたにざっくり説明

about site
WEB / プログラミング / IT系

こんにちは! あますた(@amaguristar)です。

  • 「サイトを立ち上げたいけど分かりやすいurlにしたい!」
  • 「メルアドの@以降を好きな文字に変えたい」

なんて思ったことありませんか?
その悩みドメインを取得すれば解決可能です。

以前ざっくりお話させて頂いたドメイン。先日は『https://〜』の『〜』の部分とご説明。あまりにもざっくりしてたので、今回はより詳細に『簡潔に』お話させて頂きます。

1. そもそもドメインを取ると何が出来る様になるの?

ざっくり説明すると冒頭でもお話した通りドメインを取ると

  1. サイトのurlとして使える
  2. 好きなメルアドを作成出来る

の2つが出来る様になります。

2. ドメインの種類

domain info

「独自ドメイン」と「サービスが提供しているサブドメイン」

2-1. 独自ドメイン

例)
https://◯◯◯◯◯◯.jp    ← サイトURLの場合
sample@◯◯◯◯◯◯.jp       ← メールの場合

上記の例では「◯◯◯◯◯◯.jp」の部分がドメインに当たります。

2-2. サービスが提供しているドメイン

一部のサイトでurlに好きな文字を追加出来るサービスがあります。
例えばブログ系のサービスで、

https://◯◯◯◯◯◯.sample.com

という様な形でそのサービス名(上記の場合はsample.com)の前に好きな文字列(上記の場合は◯◯◯◯◯◯)を追加出来るというもの。

これは正確にはサブドメインと言い所有権はsample.comを所有しているところにあります。

3. 具体的にドメインてなに?

一言で言うと『ドメインはインターネット上の住所の様なもの

世界中で利用されているインターネット。当然サイト数は膨大な数になり、管理が疎かになれば探し出すだけでも一苦労ですよね?

そんな時に役立つのがドメイン。人間が認識しやすい様にするための住所と思って頂ければ間違い無いはず。

ざっと表すと

住所: 緯度(36.555)・経度(13.◯◯◯◯) → 東京都台東区〜
ドメイン: 196.182.0.0 → wazn.jp

住所も正確には緯度・経度の数字ですが人間が分かりやすい様に文字列に置き換えてます。

ネットの世界では緯度・経度に当たる数字が俗に言うIP。IPは数字で覚えてられないので分かりやすい文字列に置き換えて認識してます。

3-1. もっと現代風に分かりやすく言うとLINEのアカウントの様なもの

LINEも本来は電話番号でアカウントを取りますが、相手に教える時はアカウントで教えますよね?

むしろ電話番号を教えることの方が少なくありませんか?

ドメインもそれと同じです。わざわざ電話番号に当たるIPを教えなくてもアカウントに当たるドメインさえ教えれば相手はすぐに見つけることが可能です。

むしろ、電話番号が変わってもアカウントさえ変わらなかったら相手はなんの不都合もなく連絡可能。ドメインも同様にIPが変わったとしてもわざわざ周知しなおす必要が無いので楽です。

4. ドメインを使うメリット

  1. 好きな文字列が選べる
  2. 信頼度が違う
  3. ずっと利用可能

の3つがあげられます。

4-1. 好きな文字列が選べる

好きな文字列を選択できるので、個性的を表すことが可能です。当然、ラインのアカウントと同様、人気の文字は競争率が高いので取得されてるケースもありますが、基本的には自由に選択可能です。

4-2. 信頼度が違う

企業等のサイトを立ち上げる際は、確実に独自ドメインを取得した方が良いでしょう。企業サイトのURLが仮にどこかのサービスのサブドメイン(詳細は2-2参照)だとしたら、場合によっては企業としての存在を疑われる可能性があります。

例えば「詳細はWebで」と言われて紹介された会社のURLが「〜blog」とかだと「え?会社のサイトだよね??」と思ったとしてもしょうがないはず。

後は、フリーランス等の個人の名刺であれば別ですが、会社のメルアドがgmailとかだと「大丈夫?」と思う方が普通ですよね?

4-3. ずっと利用可能

「2-2」で説明したサブドメインの場合、提供してるサービスが終了すると利用してたドメインも消滅してしまう可能性があります。

「サービスに依存したく無い!」「そうしたリスクを極力減らしたい」と思う方は独自ドメインを取得するべきでしょう。

一度取得したドメインは更新を忘れない限り取得した本人の物です。サーバーを移動したとしても同じドメインを利用可能。

SEO(Search Engine Optimization)にも役立ちます。

まとめ

Domain Search

ドメインについてまとめると、

大きく分けて種類は2種類

  1. 独自ドメイン
  2. サーバーが提供しているサブドメイン

ドメインは

『LINEのアカウントの様なもの』

IPという名の電話番号が変わっても、アカウントさえ同じなら連絡が取れる。

出来ること

  1. サイトのURL
  2. メールアドレス

に設定可能。

メリット

  1. 好きな文字列を取得可能(LINEのアカウント同様早い者勝)
  2. 信用度が違う
  3. サーバーを変えても同じドメインを利用可能

デメリット

  1. 有料(値段は色々最安値だと1円〜)
  2. 更新を忘れると使えなくなる(自動更新可能な場合あり)

ざっとまとめるとこんな感じです。

ドメインは基本的にレンタルサーバー(個人サーバーでも当然可)と一緒に運用。

具体的な取得方法や、設定の仕方等はいずれ紹介致します。

あますた

778 views

電気工学科卒の元プログラマの現飲食店オーナー。間に不動産管理、営業等も経験。ここでは、自分の経験とお客様に聞いた話を基に、役立つ情報を発信していこうと思いま...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ABOUT

”わくわく”や”驚き”等、『心の栄養』を与えられる、『楽しい』でつながるWebメディアを目指します。
ABOUT

最新記事