【ルール説明】そこまで絞るには眠れない夜もあっただろ

source-nemurenai-thumbnail
ボードゲーム

概要

ボディービルの大会会場を訪れた観客になり、声が枯れるまで応援し続けるゲーム。最後まで声を掛け続けた人が勝者。

YouTubeでも説明してます。プレイ動画・ルール説明↓↓↓
>> https://youtu.be/FyL03WKPGDE

詳細

ジャンル陣取り
人数2〜6人
時間5〜10分
メーカーArclight Games
デザイナーウィットマシマシ
日本

勝利条件

自分のターン時に手札を出せなかったら脱落。1人を残し他のプレイヤー全員が脱落したら残ったプレイヤーの勝利。

終了条件

プレイヤーが最後の1人になったらゲーム終了。

カード及びタイル等の特徴

ステージカード

マッチョコマを配置するステージカード。赤・青・黄・緑の全4色。

マッチョコマ

ステージ上で声援を受けるコマ。

ターンタイル

ローテーションの順番を分かりやすくするためのタイル

ターンカード

ローテーションの順番が逆転する。

New Muscleカード

新たなマッチョコマをステージに登場させるためのカード

Point
1つのステージ上に複数のマッチョコマが居てもOK

コールカード

ステージ上にマッチョコマが無い状態で使用可能。このカードを置かれたステージは新たにマッチョコマを配置することが出来ない。

注意
既にコールカードが配置されてるステージには使用不可

声援カード

マッチョコマを応援する為の掛け声カード、基本的にステージと同じく4色。

Point
2色や4色のマルチカードも存在

準備

source-take080-thumbnail
  1. ステージカードを横一列に並べその上にマッチョコマを1体づつ配置
    (※余ったマッチョコマは脇に控えとして置いておく)
  2. ターンタイルを全プレイヤーが見える位置に金色の面を上にして置く
  3. 全てのカードをシャッフルして全プレイヤーが取りやすい位置に置く(以降、山札と呼ぶ)
  4. 全プレイヤーは山札からカードを3枚引く(以降、手札と呼ぶ)

Point
山札は枚数が多いため、適当な量で分けて置いても良い

ゲームの流れ

source-take080-tip-char
  1. 適当な方法でスタートプレイヤーを決め、その人から開始
  2. 手札を場に出す
    この時手札を出せなかったら脱落
  3. 山札からカードを1枚引き手札を3枚にしたらターン終了(※1)
  4. ターンタイルの向きでプレイヤー交換
  5. 「2」〜「4」を最後の1人になるまで繰り返す

※1
万一山札が無くなった場合は、捨て札を良くシャッフルし、山札として再配置する

手札を出す時のルール

声援カード

マッチョコマが居るステージで、さらに同じ色のステージの下に表向きで出すことが可能。この時カードの掛け声を出しながら場に出す。

複数の色があるマルチカードの場合、どちらの色を選択しても良い。ただし、マルチカードの下に置くカードはあくまでステージ色に準拠する。

New Muscleカード

控えから新たにマッスルコマを好きなステージに出すことが可能。この時既にマッスルコマがあるステージでも置く事ができる。

その後、このカードは捨て場へ行く

Point
1つのステージに複数のマッスルコマを置いても良い。

コールカード

マッスルコマの居ないステージカードに置くことが可能。このカードが置かれたステージにはそのゲーム中新たにマッスルコマを置くことが出来ない。

重要
既にコールカードが置かれたステージには使えない

ターンカード

ターンタイルを裏返し、ローテーションが逆になる。

その後、このカードは捨て場へ行く。

マッチョコマの退場

1つのステージ前に声援カードが3枚になると、そのステージのマッチョコマは退場し、控えコマとなる。

この時、ステージ前の声援カードは全て捨て場へ行く。

Point
万一全てのマッチョコマがステージから退場した場合、最後に手札を出したプレイヤーが好きなステージにマッチョコマを配置可能。この時、最後の声援カードの言葉を言いながら出すと盛り上がる

Let’s enjoy play!

YouTubeでも説明してます。プレイ動画・ルール説明↓↓↓
>> https://youtu.be/FyL03WKPGDE

管理人

428 views

Funでは”楽しいでつながる”をテーマに、”ほっと一息つけるお店”、日常にちょっと”わくわくするスパイス的なゲーム”、”生き甲斐”になる趣味のヒントなどをご...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ABOUT

”わくわく”や”驚き”等、『心の栄養』を与えられる、『楽しい』でつながるWebメディアを目指します。
ABOUT

最新記事